食べる事・遊ぶ事・生活についてなど気になった話題をまとめています。

晴れ時々幸せ

大学のレポート課題。テーマの分析と絞り方が重要です!!

   

大学のレポート課題。テーマの分析と絞り方が重要です!!

大学生になったら、レポートの課題に悩む人も多いのでは…?

レポートって、苦手なんだという人も多いですよね。

基本的なポイントを押さえておけば、苦手も克服できるのではないかと思い、書き方のコツを調べてみました。

テーマを分析したり、絞ったりすることがカギのようです★

ご参考になれば、うれしいです♪

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

948c8237617315be25ced98b07c9ad89_s
宝くじの抽選結果を売場に確認しに行こう!

宝くじを購入して抽選結果が出たら、自分で確認しますか?売場で...

43d1bfcff2c7c4d5bdfbea04ca69a758_s
哺乳瓶だと飲まないけどスパウトなら飲む!?


哺乳瓶を嫌がる赤ちゃんもいますよね。

751231292d5baea738937ecb99370fc8_s
卒業証明書を発行したい!添え状は必要?

就職先に卒業証明書を提出しなければならない時、母校に卒業証明...

f814a55b68880e332d8d792a54c6f114_s
美術が苦手・・絵を簡単に描く方法教えて

中学で美術を学び始めて苦手だと感じる人が多いようです。 <...

yk0i9a6213_tp_v
twitterの友達の効率的な探し方


SNSで世界中の人と繋がることが可能となりました...

apple-28848_640
itunesでcdの曲を編集したり活用する方法とは?


音楽cdを短くカット編集をしてオリジナルcdを作...

85bfd1d1c50f80df7fb05d27458e8f85_s
教授にメールを送る時に確認するべき事とは

大学では教授とメールでやりとりが増えますが、内容などが失礼で...

d25f89457a521ca1bfbe20c3db6e1839_s
一週間でピアノ一曲弾けるようになるのか

ピアノ初心者では、一曲弾けるようになるまでにどれくらい時間が...

1a2feadf0a303dafa696f361893533e3_s
看護師になるなら専門学校が安い


近年、看護師は需要の高い職業です。

24b43abf70bc73263ab3889d6a83450d_s
社会人の大学受験、予備校に行った方がよいか!?


高校生の時は将来の進路があいまいで、大学なんて考...

434107de3f46157aa5cfb58825d2d151_s
年金の加入期間が足りないとどうなる?

年金の加入期間は25年となっていますが、この加入期間が少しで...

922879dd2d60c12642f6aa808e9544c1_s
郵便局の保険で養老保険って何?賢い使い方とは?


郵便局の窓口で養老保険を勧誘された。そんな経験は...

614d85b0c532a0a15497ba57dae94fb0_s
お風呂の掃除用洗剤の収納方法

お風呂場の浴槽は、毎日掃除しますよね。
<...

272fee2fcca82c3a2d7a3de26f9e2682_s
生理前に子宮の位置が変わるって知ってた?

生理前になると子宮の位置が下がってくる事を知っていますか? ...

c859d4ac191d1f424eee2f58e6ac801f_s
紅茶の茶葉のおすすめはどこのブランド?


今までティーバックの紅茶しか飲んだことがなかった...

4ac17efd0f32474f9a2b15a39a045e24_s
友達との旅行!計画はしっかりと

今度の休暇には友達との旅行が待っている♪
...

a5e1f5fc8b8a7ae28342c6be0f8b7c8c_s
年金受給の時には収入に気を付けよう

定年は60歳のところが多いですが、60歳になっても働き続ける...

6ffc3df7d4f1bec28efa98835032caf6_s
子供が友達とトラブルになったとき親はどうする?

子供が友達とトラブルになった場合、親としては心配になってつい...

6e3f53ee03c16d4bfb64672e13a30c86_s
アスペルガー症候群は英語が苦手って本当ですか?


英語が苦手なのはアスペルガー症候群だからなのでし...

7e0baa7a3d8e961827630da5fd7cabfb_s
原付の一時停止で違反をとられた!

ちょっとそこまで~という時は車よりも原付の方が気軽に乗れます...

スポンサーリンク


大学のレポート、テーマ分析で内容を具体的にしよう!

もっとも初歩的な段階を想定すると,そのテーマについてほとんど知識がなく,何が何だかわからないということもあるかもしれません。

その場合は,テーマのことは別にしてまずそのことについての基礎的な学習をすることから始める必要があります。その基礎学習を終えた後にテーマ分析をすることになります。
テーマ分析というのは,結局,レポートに書かなければならない内容について具体的に検討するということです。ですから,最終的には,いくつかの短い文章や言葉にまとめられることになります。これを,1枚に1つずつカードに書いておきましょう(その理由はだんだんわかってきます)。

例えば「老年期の生きがいとはどういうものか考えてみよう」というテーマの場合,

まず(1)「生きがいとは何か」ということで,生きがいの定義は書かなければならないでしょう。

次に,(2)「老年期の生きがいは何か」ということを明らかにする必要があります。上記のテーマでは,ここまで書けば十分とも解釈できますが,「どういうものか」という問いかけの中には,「どういう意味をもっているか」ということも含まれていると考えれば,
(3)「生きがいのもつ意味」も書いておいた方がいいかなということになります。

引用元-学習の手引き|通信教育部|東北福祉大学

大学の課題。テーマは実験レポートの場合。

→教科書の丸写しは避ける

教科書を読めばわかる点については、読む方も疲れるだけなので繰り返さない。
ただし、まったく言及しないのもよくないので簡潔にまとめて書くとよい。
(教科書で3ページにわたって書かれている実験手順を5,6行でまとめるなど)

→実際に行った方法と観察事実を「正確に」書く

名誉欲に振り回されて、ウソの内容を書いてはいけない。
うまくいかなかったときにも、「なぜうまくいかなかったか」を考察して今後の展望を書けばきちんと評価してくれる。

→実験の目的、方法、結果、考察などを【項目ごとに】書く

実験目的は単語ではなく文章で。
レポートを書きやすいように、方法と結果をまとめて書いたり、結果と考察をまとめて書いたりしてもよいが、方法と結果と考察をすべてまとめて書くのはNG。

→過去形か現在形か、時制に注意する

方法、結果は(事実なので)過去形で、考察は現在形で書く。
それ以外の部分についても適切な時制を使うようによく考えること。

→データ、図、表をうまく使う

文字ばかりだと疲れるので、データや図・表・グラフなどで視覚的に訴える。
データを記した表+その表をグラフにしたものがあるとよい。
図や表には、表番号とタイトルを書くこと。(例:表2.ペーパークロマトグラフィーによる分析結果)

→有効数字に注意

有効数字を見極めて、余計な計算をしすぎたり、精度が落ちたりしないように注意する。

引用元-実験レポートの書き方

テーマも絞れたけど…レポートが進まない大学生へのアドバイス

例えば、レポートのお題が、

「現代の大学教育について自由に論ぜよ(2000字)」

だったとします。

レポートが苦手な学生は、字数稼ぎのため、2000字の中に様々な話題を盛り込みます。

・就職難
・就活優先による学業不振
・勉強しない大学生
・大学の乱立
・留年率の増加
・奨学金問題

話題はいくらでもありますが、これ、間違いです。

1つのレポートの中に様々な話題を入れると、1つ1つのテーマが希薄になってしまいます。

そんな上澄みだけすくったようなレポートで高評価を得られる訳がありません。

1つです。

たった1つのテーマを深く、深く掘り下げることで「しっかり考察してるな」という印象を教員に抱かせることが出来るのです。

例え、稚拙な文章だったとしても。

引用元-レポートの書き方|1時間で80点以上を取るための3つのポイント

レポートで大事なことは「結論の明確化」!!

レポートを書く際に大事な事は「結論を明確にすること」です。

何が言いたいのか良く分からない人は構成がめちゃくちゃなパターンが多いです。流れを守って書けば、ある程度は分かりやすくなるはずです。指定文字数が増えたら、具体例や数的データなどの肉付けを増やせばいいだけの話。

しっかりと形式を意識して、レポートを書いてみましょう。

引用元-大学1年生へ向けて、レポートの基本的な書き方教えます – 大学を有意義に過ごすためのブログ

レポートを構成するためのポイント

資料を精査し、書くべき内容、主張、結論等が決まったら、レポート全体の構成を考え、節や小節のタイトルを決める。レポートは節・小節から構成される。参考文献は最後にまとめて列記する。

1節は 「1. はじめに」 とし、テーマや話題の背景から始まり、レポートの概要と結論(主張したいこと)を示す。いわゆる “あらすじ” であり、序論ともなる。

小説ではないので、結論を隠す必要はなく、むしろはっきりと示す必要がある。

この 「はじめに」 はレポートの中で最も大切な箇所といえる。ここを読めば内容やレポートの善し悪しもほぼ分かるので、実際、 「はじめに」 を読んだ時点で感じた評価と、全体を読み終わった後の評価との間に差異があることはあまりない。レポートの文章はこの 「はじめに」 を書くことから始まる。

2節以降は本論となる。必要に応じて複数の節を設ける。

また、1つの節を小項目に分けて記述する場合は、小節を複数設ける。
例えば2節を 「2. タイトル」 として、2節1小節、2小節を 「2.1 小タイトル」 「2.2 小タイトル」 などとする。

本論の最後の節は結論を述べる。 本論の次は 「X. おわりに」 (Xは1節からの通し番号)という節を設け、レポート全体の流れをおさらいし、もう一度、結論や主張を述べて終わる。いわゆる “まとめ” である。

「はじめに」 を更に圧縮し、結論部分を多めに書いたものとイメージすればそれに近い。所見(感想など)があれば、 「おわりに」 の最後の段落に書き添える。この部分は主観を交えてもよい(「私は~」 と書いてもよい)。

最後に、 「参考文献」 という節を設ける。節の番号は付けない。

基本的にレポートの流れに沿って参考にした順番に文献番号 [1][2]… を振って箇条書きにする。この参考文献をもとにして記述した本文中の文末には、文献番号を記述する。

引用元-レポートの作成手順 – 大学基礎演習

twitterの反応

 - 未分類

ページ
上部へ