食べる事・遊ぶ事・生活についてなど気になった話題をまとめています。

晴れ時々幸せ

中学校の部活の顧問について考える

   

中学校の部活の顧問について考える

昔の中学校の部活こそ、当たり前のようにハードな練習スケジュールでした。

ですが、部活の顧問のプライベートについても先生達の声がクローズアップされています。

放課後も土日も練習するのが当然と思うのは間違いのようですが、保護者の皆さんはどう思いますか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

yk0i9a6213_tp_v
twitterの友達の効率的な探し方


SNSで世界中の人と繋がることが可能となりました...

apple-28848_640
itunesでcdの曲を編集したり活用する方法とは?


音楽cdを短くカット編集をしてオリジナルcdを作...

85bfd1d1c50f80df7fb05d27458e8f85_s
教授にメールを送る時に確認するべき事とは

大学では教授とメールでやりとりが増えますが、内容などが失礼で...

d25f89457a521ca1bfbe20c3db6e1839_s
一週間でピアノ一曲弾けるようになるのか

ピアノ初心者では、一曲弾けるようになるまでにどれくらい時間が...

1a2feadf0a303dafa696f361893533e3_s
看護師になるなら専門学校が安い


近年、看護師は需要の高い職業です。

24b43abf70bc73263ab3889d6a83450d_s
社会人の大学受験、予備校に行った方がよいか!?


高校生の時は将来の進路があいまいで、大学なんて考...

434107de3f46157aa5cfb58825d2d151_s
年金の加入期間が足りないとどうなる?

年金の加入期間は25年となっていますが、この加入期間が少しで...

922879dd2d60c12642f6aa808e9544c1_s
郵便局の保険で養老保険って何?賢い使い方とは?


郵便局の窓口で養老保険を勧誘された。そんな経験は...

614d85b0c532a0a15497ba57dae94fb0_s
お風呂の掃除用洗剤の収納方法

お風呂場の浴槽は、毎日掃除しますよね。
<...

272fee2fcca82c3a2d7a3de26f9e2682_s
生理前に子宮の位置が変わるって知ってた?

生理前になると子宮の位置が下がってくる事を知っていますか? ...

c859d4ac191d1f424eee2f58e6ac801f_s
紅茶の茶葉のおすすめはどこのブランド?


今までティーバックの紅茶しか飲んだことがなかった...

4ac17efd0f32474f9a2b15a39a045e24_s
友達との旅行!計画はしっかりと

今度の休暇には友達との旅行が待っている♪
...

a5e1f5fc8b8a7ae28342c6be0f8b7c8c_s
年金受給の時には収入に気を付けよう

定年は60歳のところが多いですが、60歳になっても働き続ける...

6ffc3df7d4f1bec28efa98835032caf6_s
子供が友達とトラブルになったとき親はどうする?

子供が友達とトラブルになった場合、親としては心配になってつい...

6e3f53ee03c16d4bfb64672e13a30c86_s
アスペルガー症候群は英語が苦手って本当ですか?


英語が苦手なのはアスペルガー症候群だからなのでし...

7e0baa7a3d8e961827630da5fd7cabfb_s
原付の一時停止で違反をとられた!

ちょっとそこまで~という時は車よりも原付の方が気軽に乗れます...

b4c8ab727c674e0695a851c3c2cd530d_s
あれ?一時停止してない!違反点数は?

あれ?ここって一時停止しないといけない場所だったけ?

89ca3d8c8e5756bf0705659df8921b7b_s
日本生命の保険を解約したい

日本生命の保険を契約しているけれど保険会社乗換えや、支払いが...

e486bcc0da78030bfeb6b62da4b6f9d4_s
大学の単位はテストの点数だけじゃない!

大学で単位を落とさないためには60点以上の点数を取らなければ...

9b958d2410d5dbbd9be6904c726e8ff9_s
知ってる?ドイツの音楽留学が人気なんです!

音楽を本気で勉強したい!

そん...

スポンサーリンク


中学校の部活の顧問と姿勢に疑問

子供の中学の吹奏楽部で、現在顧問の先生と保護者会の関係が最悪になっています。

前任者は、独身の男性教師で土日、夏休み等 殆ど休まず指導してくれて、赴任期間も長かったのですが 伝統と実績を築きあげてくれました。

今年 異動で変わった先生は既婚、子持ちの女性教師(音楽)で、その先生の 部活動の顧問としての姿勢、そして指導力不足についての不満が、子供達 保護者達双方から出ています。

「前任の先生と指導の技量を比べてはいけない。先生の家庭の事情も考慮する。吹奏楽部は顧問一人の指導では負担が大きいので、保護者会でも出来るだけのサポートをする」

と方針できましたが、先生の方も(大変失礼な言い方ですが、指導力が無いのに)プライドが高いので、サポート(外部講師など)の話し合いにも応じません。

引用元-部活動、顧問の先生はボランティアなのですか? – 中学校 解決済 | 教えて!goo

中学校の部活の顧問の生活も考えてあげる

伝統も実績もある部活、顧問が変わったために・・・なんてかわいそうすぎます。

顧問の先生の土・日や夏休みの部活動は、ボランティアに近いものがあるかと思います。

ただ、完全なボランティアではなく、部活をするために生徒が学校に来たら、必ず、先生が学校にいないといけないそうです。

だから、先生の都合で日曜日に部活が休みになることもアリです。

私の子供(中学生)の部活、伝統&実績がけっこうありまして、昨年、全国一位になって、今年の春、顧問の先生は転任されました。

合唱のほうです。

その顧問の先生の方針は、「短時間で集中してやる!」ことでした。

日曜日は絶対に休み。平日は学校の最終下校の時間をきちんと守っていました。

外部の先生は、依頼していませんでした。

この合唱部のいいところは、「先輩から引き継いだ伝統の上に自分たちで新しいことを取り入れる」ということで、ほとんど生徒が自主的に活動をしています。

顧問の先生は、ただ音楽づくりを考えればいいだけ。(これがけっこう重要ですね)

顧問の先生が変わっても、合唱部の実力は変わらないように先生は育ててくださったと思います。

引用元-部活動、顧問の先生はボランティアなのですか? – 中学校 解決済 | 教えて!goo

中学校の部活の始まりと顧問のあり方を考える

その歴史は戦前にさかのぼります。教師が教育の一環としてかかわるようになったのは戦後からです。

自分たちがしたいことを追求したり、仲間と協力したりすることで子どもは成長するんじゃないか。

そんな自主性を重視する戦後教育の考え方に、部活動はピッタリはまったのです。

1970~80年代に、部活動の意味は大きく変わりました。

学校の荒れが問題になり、管理や非行防止の手段として利用されました。

生徒のしたいことを教師が支えるのではなく、部活動を通して生徒を管理する実践が広まったのです。

部活動は生徒指導の手段として学校に不可欠なシステムになりました。

「生徒はみんな入るべきで、教師もみんな従事すべきだ」。部活動は強制的で抑圧的になっていきました。

現在の部活動は、待ったなしの課題に直面しています。最優先に考えるべきは事故や暴力などから子どもの生命を守ることです。

そして、教師の生活を守ることです。そんな深刻な状況を踏まえると、現状はやり過ぎのように映ります。

そもそも、自主性が大事だといいながら、本当のところ全く自主的ではないことも多い。
部活動に教科書はありません。学習指導要領上もあいまいな位置づけです。

自主性を重視するならマニュアルは作れず、あいまいにならざるを得ません。

決められたことをこなすだけでは自主性は育ちません。やりたいことを追求し、力がつくよう工夫することが、人生を豊かにする可能性を生むはずです。

引用元-中学校の部活動、教員は現状どう考えている?:朝日新聞デジタル

土日の部活動はやめるべき?

まず批判を承知で、きつい言い方の私見を。

医者や議員も同様ですが、教師だって人間なのだからプライベートも要望もあって当然。
公僕のくせに文句を言うのはとか、教師が常に聖人君子でなければといった風潮、必要以上に過剰に叩く風潮がまず問題だと思います。

そんなことでは、今後ますます教師のなり手がいなくなり、更なる教師の質の低下を招くことにつながりかねません。

もちろん課外活動でも学校関係の活動である以上顧問が必要なのも無理ならぬこと。

また土日にも活動しなければ試合が組めないのも、教育課程外の活動ならば当然のことかと。

やっぱり過剰な手当や褒賞は不要ですが、必要経費や指導や成果への適切な評価や手当・一定時間以上の休日活動の代休等の勤務形態の改善は少々あってもいいのではと思います。

困難ならば土日活動の休止も仕方ないのかも。

教師の過労や怠惰が原因で子供が巻き込まれる事故が起きてからでは遅いのです。

引用元-土日の部活動はやめるべきか? – 言わせろ!ナンバー – Number Web

部活の顧問は強制!倒れそうな教師達

部活がブラック過ぎて倒れそう−−。学校の部活動で顧問を務める教員の一部から悲鳴が上がっている。

若手教員らが昨年12月、部活の顧問を引き受けるかどうかの「選択権」を求めてインターネット上のウェブサイトで署名を集める運動を始めたところ、3カ月間で約2万3500人分が集まり、3月初めに文部科学省に届けられた。

教員らはなぜこうした行動に出たのだろうか。

ウェブサイトの名称は「部活問題対策プロジェクト」。

30代の公立中学教員ら男女6人で作る。

教員の労働時間が過度に長くなることや授業の準備がおろそかになることなどを、部活がもたらす「負の側面」と指摘。

その対策に取り組むプロジェクトの第1弾として昨年12月、「教師に部活の顧問をする、しないの選択権をください」と題したキャンペーンを始めた。

●全員強制学校も

「部活動」は国語や社会などの教科と異なり、教育課程に位置付けられていない。

文部科学省が定める学習指導要領には「生徒の自主的、自発的な参加により行われる部活動については、スポーツや文化及び科学等に親しませ、学習意欲の向上や責任感、連帯感の涵養(かんよう)等に資するものである」「(部活は)学校教育の一環として、教育課程との関連が図られるよう留意すること」と記されている。

引用元-くらしナビ・学ぶ:部活顧問「教員に選択権を」 ネットで発信、賛同者2万人超 – 毎日新聞

twitterの反応

 - 学校生活

ページ
上部へ