食べる事・遊ぶ事・生活についてなど気になった話題をまとめています。

晴れ時々幸せ

妊娠初期の赤ちゃんへの不安が大きいママへ

      2016/09/02

妊娠初期の赤ちゃんへの不安が大きいママへ

赤ちゃんを授かってとても嬉しい反面、不安も大きいと思います。

特に初めての赤ちゃんの場合、色々な事に悩んでしまうと思います。

そんなママ達へ先輩からのアドバイスと、妊娠初期に気をつける事や症状、飲み薬についてをまとめてみました。

1人で悩み過ぎず、楽しいマタニティライフを過ごしましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

apple-28848_640
itunesでcdの曲を編集したり活用する方法とは?


音楽cdを短くカット編集をしてオリジナルcdを作...

85bfd1d1c50f80df7fb05d27458e8f85_s
教授にメールを送る時に確認するべき事とは

大学では教授とメールでやりとりが増えますが、内容などが失礼で...

d25f89457a521ca1bfbe20c3db6e1839_s
一週間でピアノ一曲弾けるようになるのか

ピアノ初心者では、一曲弾けるようになるまでにどれくらい時間が...

1a2feadf0a303dafa696f361893533e3_s
看護師になるなら専門学校が安い


近年、看護師は需要の高い職業です。

24b43abf70bc73263ab3889d6a83450d_s
社会人の大学受験、予備校に行った方がよいか!?


高校生の時は将来の進路があいまいで、大学なんて考...

434107de3f46157aa5cfb58825d2d151_s
年金の加入期間が足りないとどうなる?

年金の加入期間は25年となっていますが、この加入期間が少しで...

922879dd2d60c12642f6aa808e9544c1_s
郵便局の保険で養老保険って何?賢い使い方とは?


郵便局の窓口で養老保険を勧誘された。そんな経験は...

614d85b0c532a0a15497ba57dae94fb0_s
お風呂の掃除用洗剤の収納方法

お風呂場の浴槽は、毎日掃除しますよね。
<...

272fee2fcca82c3a2d7a3de26f9e2682_s
生理前に子宮の位置が変わるって知ってた?

生理前になると子宮の位置が下がってくる事を知っていますか? ...

c859d4ac191d1f424eee2f58e6ac801f_s
紅茶の茶葉のおすすめはどこのブランド?


今までティーバックの紅茶しか飲んだことがなかった...

4ac17efd0f32474f9a2b15a39a045e24_s
友達との旅行!計画はしっかりと

今度の休暇には友達との旅行が待っている♪
...

a5e1f5fc8b8a7ae28342c6be0f8b7c8c_s
年金受給の時には収入に気を付けよう

定年は60歳のところが多いですが、60歳になっても働き続ける...

6ffc3df7d4f1bec28efa98835032caf6_s
子供が友達とトラブルになったとき親はどうする?

子供が友達とトラブルになった場合、親としては心配になってつい...

6e3f53ee03c16d4bfb64672e13a30c86_s
アスペルガー症候群は英語が苦手って本当ですか?


英語が苦手なのはアスペルガー症候群だからなのでし...

7e0baa7a3d8e961827630da5fd7cabfb_s
原付の一時停止で違反をとられた!

ちょっとそこまで~という時は車よりも原付の方が気軽に乗れます...

b4c8ab727c674e0695a851c3c2cd530d_s
あれ?一時停止してない!違反点数は?

あれ?ここって一時停止しないといけない場所だったけ?

89ca3d8c8e5756bf0705659df8921b7b_s
日本生命の保険を解約したい

日本生命の保険を契約しているけれど保険会社乗換えや、支払いが...

e486bcc0da78030bfeb6b62da4b6f9d4_s
大学の単位はテストの点数だけじゃない!

大学で単位を落とさないためには60点以上の点数を取らなければ...

9b958d2410d5dbbd9be6904c726e8ff9_s
知ってる?ドイツの音楽留学が人気なんです!

音楽を本気で勉強したい!

そん...

ea00dfa01523aafb4e860d1d0d0eb69e_s
twitterって、登録した電話番号削除すれば快適かも


twitterでフォローする為に電話番号の認証が...

スポンサーリンク


初めての赤ちゃんは不安が大きい。妊娠初期の検査

赤ちゃんの大きさと妊娠初期の検査について

妊娠検査薬で陽性反応がでてから、今日初めて産婦人科を受診しました。

経膣エコーをして心拍も無事確認でき、先生に

「6週後半から7週前半くらいだね。大きさも3mmくらいでちょうどいいですね。二週間後にきたら大体の予定日も分かると思います」

と言われその時は安心したのですが、その位の週数のときは3mmくらいで問題ないのでしょうか?

個人差はあると思いますがネットとかでみると小さいのかな?と不安になってしまい。。

あと、血液検査や血圧、体重やガン検診などは何週くらいになってからしてもらえるんでしょうか?

あと心拍確認できたからと言って稽留流産になる可能性もまだまだあるんですよね?

引用元-赤ちゃんの大きさと妊娠初期の検査について妊娠検査薬で陽性反応がで… – Yahoo!知恵袋

不安が大きいから毎週病院へ。妊娠初期の赤ちゃん

先生が大きさに問題ないとおっしゃっているなら問題ないと思います。

大きさは本当に個人差有です。

私の場合はエコーでの採寸が常に小さめでした。

8か月位からまったく大きくなりませんでした。(1900gから)

それでも予定日にきっちり出てきてくれました。(2300gありました)

先生曰く、赤ちゃんが小さくてもお腹にちゃんと10か月いたら

低体重は避けられなくとも、未熟児は避けられるそうです。

お腹の赤ちゃんが小さくても心音や胎動が元気あれば問題ない。

と先生に励まされました。

上記に書かれている、血液検査、血圧、がん検診等は母子手帳がもらえる

4か月位からしていただけます。おそらく次回の受診で説明があると思います。

妊娠中はいろんなことがよぎります、心拍の確認が終わってもまだまだ

これからで4か月も入ると胎動を感じるようになり、半日、胎動がなければまた

不安になり・・・・とつきません。ご自身も2週間で不安なら毎週でも受けてください。

引用元-赤ちゃんの大きさと妊娠初期の検査について妊娠検査薬で陽性反応がで… – Yahoo!知恵袋

初めての赤ちゃん!妊娠初期症状は個人差が大きい

妊娠の初期症状は、他の病気の初期症状と同様に、人によって出てくる症状や、症状が出てくる時期が違ったりするものなんです。

だからこそ、生理予定日の前後1週間は気をつけておいたほうが良いと思います。

いつ、初期症状が出たとしても、その兆候のようなものはあるはずです。

まずは、初期症状について知り、「もしかして…」と思うようなことがあったら、生理予定日の前後を確認しておくと良いと思いますよ。

また、基礎体温をつけている人だったら、生理予定日を過ぎても、高温期のままということなどで、妊娠している可能性を知ることが出来ます。

初期症状がいつ出てくるのか、ということを知っておくと、後々楽になるはずなので、妊娠したいと考えている人は、事前に調べておく事をオススメします。

引用元-妊娠の初期症状って

赤ちゃんが出来たら止めるべき事

・タバコ、お酒はきっぱりやめる
めでたく妊娠していることが分かったら、一番に気を付けたいのはやっぱりタバコとお酒です。

タバコとお酒を普段から好まれている方は突然辞めるのは難しいかもしれませんが、小さな小さなお腹の赤ちゃんにとって有害でしかないのでこの際強い意志を持ってやめてください。

特に妊娠初期は赤ちゃんの脳や神経を形成するとても大事な時期です。

・薬の使用
薬の使用にも制限が出てきます。妊娠中に飲むと赤ちゃんの体に影響を及ぼすものや、子宮に影響を与えて流産の可能性を高める薬もあります。

漢方薬やサプリメント、皮膚に塗る薬、湿布なども妊娠中に使用してもいいものか、できれば一度医師に確認した方がいいと思います。

・食事、栄養について
食事に関しては、栄養をとって体力をつけておくことは大事だと思いますが、妊娠初期の赤ちゃんはママの体から必要な栄養を貰っているのでそんなに食事内容には拘らなくても大丈夫だそうです。

つわりが始まって食事がとれない場合でも、赤ちゃんはちゃんと成長できるので安心してください。

ただ、妊娠初期は葉酸の摂取は意識した方がいいとされています。

葉酸が不足すると神経管閉鎖障害や無脳症といった病気のリスクを高めると言われているからです。

食事での摂取が難しい場合は妊婦用の葉酸サプリを上手く活用すると良いと思います。

引用元-「妊娠初期」に現れる症状と気にかけておくこと|妊娠初期症状

病院で相談を!妊娠初期の薬の影響

町の薬局で簡単に手に入る風邪薬や頭痛薬、胃腸薬などの中に、催奇形性(胎児に奇形を起こす性質)の心配がある薬は、まずありません。

市販の目薬や貼り薬、塗り薬なども同様で、これらは体にほとんど吸収されません。

説明書に「速やかに成分が血中に吸収され…」とあったりしますが、たとえば肩こりでシップ薬を貼って、それが腰痛や頭痛にまで効くことはないわけで、これらは部分的に作用するだけです。

病院で処方される解熱剤や咳止め、抗炎症薬、抗生物質、また花粉症、アトピー、ぜんそくなどのアレルギーなどの薬も、妊娠と知らずに使ってしまったとしても、胎児にリスクがあることは、まずないでしょう。

漢方薬も、体を冷やすなど、効能として妊娠中に使ってはいけないものはありますし、副作用もないわけではありませんが、おなかの赤ちゃんに異常を与えるレベルのものは、まずないと考えていいでしょう。

B型肝炎やインフルエンザなどの予防接種も、妊娠中でも必要に応じて行います。

また、妊娠中に風疹ワクチンは使用しないことになっていますが、知らずに接種しても、「胎児風疹症候群」(母体が風疹にかかったことによって起こる胎児の難聴などの障害)になったという報告はありません。

こういうふうにいうと、「なんだ、だいじょうぶなんだ。

ほとんど安全なんだから、気にしないで薬を使ってもいいんですね」という人がいますが、それは大間違いです。

催奇形性が問題になりやすい妊娠初期に、うっかり使った薬について「リスクは上がらない」といっているだけで、だからといって、薬をむやみに使ってはいけません。

薬は必要性があってはじめて使うものですから、妊娠に気づいたら、産婦人科医で必要な薬を適切に処方してもらうことが大原則です。

引用元-妊娠中の薬|プレママタウン

twitterの反応

 - 妊娠

ページ
上部へ