食べる事・遊ぶ事・生活についてなど気になった話題をまとめています。

晴れ時々幸せ

奥深い国民の義務と権利

   

奥深い国民の義務と権利

中学校で国民の義務と権利を学習。当時はそんなに深く考えることもなかったが、社会にでるとその「義務」「権利」の言葉の重みを痛感することも少なくない。

誰の誰に対する義務で誰の何に対する権利かを今一度認識することで、ちょっと社会の見方が変わるかも?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

151026m_109r_tp_v
シンプルな収納で心地よいインテリア


お部屋のインテリアが思い通りになると、掃除するの...

948c8237617315be25ced98b07c9ad89_s
宝くじの抽選結果を売場に確認しに行こう!

宝くじを購入して抽選結果が出たら、自分で確認しますか?売場で...

43d1bfcff2c7c4d5bdfbea04ca69a758_s
哺乳瓶だと飲まないけどスパウトなら飲む!?


哺乳瓶を嫌がる赤ちゃんもいますよね。

751231292d5baea738937ecb99370fc8_s
卒業証明書を発行したい!添え状は必要?

就職先に卒業証明書を提出しなければならない時、母校に卒業証明...

f814a55b68880e332d8d792a54c6f114_s
美術が苦手・・絵を簡単に描く方法教えて

中学で美術を学び始めて苦手だと感じる人が多いようです。 <...

yk0i9a6213_tp_v
twitterの友達の効率的な探し方


SNSで世界中の人と繋がることが可能となりました...

apple-28848_640
itunesでcdの曲を編集したり活用する方法とは?


音楽cdを短くカット編集をしてオリジナルcdを作...

85bfd1d1c50f80df7fb05d27458e8f85_s
教授にメールを送る時に確認するべき事とは

大学では教授とメールでやりとりが増えますが、内容などが失礼で...

d25f89457a521ca1bfbe20c3db6e1839_s
一週間でピアノ一曲弾けるようになるのか

ピアノ初心者では、一曲弾けるようになるまでにどれくらい時間が...

1a2feadf0a303dafa696f361893533e3_s
看護師になるなら専門学校が安い


近年、看護師は需要の高い職業です。

24b43abf70bc73263ab3889d6a83450d_s
社会人の大学受験、予備校に行った方がよいか!?


高校生の時は将来の進路があいまいで、大学なんて考...

434107de3f46157aa5cfb58825d2d151_s
年金の加入期間が足りないとどうなる?

年金の加入期間は25年となっていますが、この加入期間が少しで...

922879dd2d60c12642f6aa808e9544c1_s
郵便局の保険で養老保険って何?賢い使い方とは?


郵便局の窓口で養老保険を勧誘された。そんな経験は...

614d85b0c532a0a15497ba57dae94fb0_s
お風呂の掃除用洗剤の収納方法

お風呂場の浴槽は、毎日掃除しますよね。
<...

272fee2fcca82c3a2d7a3de26f9e2682_s
生理前に子宮の位置が変わるって知ってた?

生理前になると子宮の位置が下がってくる事を知っていますか? ...

c859d4ac191d1f424eee2f58e6ac801f_s
紅茶の茶葉のおすすめはどこのブランド?


今までティーバックの紅茶しか飲んだことがなかった...

4ac17efd0f32474f9a2b15a39a045e24_s
友達との旅行!計画はしっかりと

今度の休暇には友達との旅行が待っている♪
...

a5e1f5fc8b8a7ae28342c6be0f8b7c8c_s
年金受給の時には収入に気を付けよう

定年は60歳のところが多いですが、60歳になっても働き続ける...

6ffc3df7d4f1bec28efa98835032caf6_s
子供が友達とトラブルになったとき親はどうする?

子供が友達とトラブルになった場合、親としては心配になってつい...

6e3f53ee03c16d4bfb64672e13a30c86_s
アスペルガー症候群は英語が苦手って本当ですか?


英語が苦手なのはアスペルガー症候群だからなのでし...

スポンサーリンク


確認しよう、国民の義務、権利。

中学校で憲法に定められた「日本国民の三大義務」を教わります。

①保護する子女に教育を受けさせる義務(小中学校教育)、

②勤労の義務、

③納税の義務の3つです。

教わって以降、普段疑問に思ったり、気にしたりすることはありませんでしたが、最初の海外赴任から帰国した91年7月後半、①について面を食らうことがありました。

3人の学童期の子供がいましたが、もう一学期を数日しか残していないある日に区役所に転入届を出しに行った時のことです。

親としては夏休み期間中に3年ぶりに帰国した日本に慣れてもらってから、二学期から登校すればいいという呑気な気持ちでいました。

区役所の窓口では「子供には教育を受ける権利があります。明日から学校へ登校させてください。」と強い口調で言うのです。

義務教育を受けさせるのは親の義務であり、子供の権利であるいうことですが、親として子供にしかるべきアイドリング期間を設けてスムースな日本の学校への導入を図るのが、親としての務めであるとの考えは今でも変わっていません。

ショッキングな出来事として一生忘れえないお役所の対応でした(今はもう少し柔軟な運用が図られていることを願います)。

文科省が昨年発表した義務教育期間における不登校は11万9617人で、前年比7000人増加だそうです。

小学生はさすがに0.36%と低いですが、思春期の中学生ともなると2.69%、つまり1クラスに1人は不登校の生徒がいる勘定になります。

ついひと月ちょっと前に起きた川崎の中学一年生殺人死体遺棄事件では、なぜ最悪の事態を防げなかったのかと識者が色々議論していますが、本当にケアが必要である子供たちに親は勿論のこと、学校も行政も周辺の大人ももっと注力すべきであるということに関しては誰も異論はないのではないかと思います。

彼らこそ本当に保護されなければならない対象です。

引用元-調達科学研ブログ – 国民の義務と権利

国民の義務と権利の独立性は?

人が産まれながらにして自由だと思います。

そして、何の庇護も受けず、一人で自分を守り、自分の力のみで生きていくのならばこの自由は無制限でしょう。

この場合”権利という言葉すら不要”だと思います。

ところが、実際に一人で生きていくということは困難です。

そのために人々は集合して共同体を形成するのではないでしょうか。

この共同体が王制であれ民主制であれ、共同体を維持するための最低限の決めごとが「義務」として発生するのだと思います。

このときに初めて「義務」に対する「権利」という言葉が必要になるのではないでしょうか。

もともと人間が持っている「自由」を共同体内の決めごととして表現したものが「権利」なのだと思います。

つまり、「自由」を守るために「義務」が発生し、「自由」が「権利」という具体的な表現になったのではないでしょうか。

ところが、もともと人々が生きていく手段として形成された共同体が、年数が経つうちに手段が目的と化し、共同体自体が至高の価値を持つような考え方が出てきます。

引用元-何故「権利」には「義務」が伴うと考えるのでしょうか? – その他(社会) 解決済 | 教えて!goo

義務と権利の持ち主は国民のダレ??

塾や家庭教師のバイトをしていたころ、中学生とかと接していると、「もぉ~、なんで義務教育なんか、あんねん!?」といった呟き(嘆き?)に、まぁ、年に3回くらいは必ず出くわしたんだけど、同じようなことを言ったことある人も多いんじゃないかな?

たいていは軽い気持ちの発言で、深刻な問題には発展しないだろうけど、学校や勉強がうっとうしく感じられるときには、ついそう思っちゃうもんだよね。

それくらいみんなは、毎日学校に通うことに、重い義務感を抱いているわけだね。

でも、それってね…。

義務教育の“義務”が、自分たちが学校へ行かなければならない義務だと、誤解しているってことなんだよ。

そう。それは誤解なんだ。

本来、みんなが持っているのは「教育を受ける“権利”」なんであって、学校へ行かねばならない“義務”ではないんだ。

みんなは、人生をよりよく、豊かに生きていく上で必要なこと(いわゆる「勉強」ばかりとは限らないヨ)を、いろいろな場所で、いろいろな機会に学ぶ権利があり、その一環として、学校にも行く権利があるんだ。

学校で、基本的な読み書きや計算、科学の基礎、地理・歴史などを教えてもらえるということは、もしそれらを知らなかったらどうなるか考えてみれば、やっぱりありがたくも大切なことだってわかるよね。

世界には、こうした教育がじゅうぶんに行き渡っていない発展途上国もあるわけだから、そういう意味では、日本は恵まれていると言えるかもしれないよ。

だから問題なのは、義務教育の存在そのものじゃなくて、学校のありかたとか、受験競争・学歴社会のせいで勉強がつまらなくなっているとか、そのあたりなんじゃないかしら。

引用元-義務教育って誰の“義務”?

「権利」の捉え方

役職の肩書きに権利があるのではなく、肩書きに対して責任を与えられているのだ。

ただ、その責任を果たすために権利があるのです。

商人ほど人の顔色を見なければならない職業は他にはあまり見当たらない。

何故ならば、

たえず人の顔色に合わせておかなければ、商売が上手に運ばないからです。

顔色を見るということは相手の〈心の内を読み取る〉ことができます。

不況時こそ〈隘路が必要〉です。

その〈隘路〉とは、

同業者がどうしても真似ることが出来ない特色のあることを発見することです。

そしてそれを実行すればよいのです。

小さな店より大きな店のほうが良く見えるものです。

でも、どんなに良く見える店もお客はいつまでも盲目ではないものです。

「負けてくれぬなら他の店で買う」と言うお客は脅迫に等しいものです。

お客に買わない権利があるように、店側にも売らないでよい権利があります。

だからと

売らないと「売らない権利」を度々用いていれば「権利の乱用」となり、お客を他店へ追いやることになります。

引用元-社員心得

国民のルール。

(´・ω・`)<憲法ってなに?

国民から国家への命令で、国家の運営ルールを定めたものだよ。

(´・ω・`)<それって大事なの?

大事だよ。憲法は、生存権や財産権などの人権を守る道具だからね。
つまり、「憲法が〝勝手に〟国民の人権を守ってくれる」のではなく、
「国民が憲法を〝使って〟国家に人権を守らせる」ことができるものなんだ。

【もっと知りたい】「憲法」のいろんな意味

形式的意味の憲法=憲法という名前で呼ばれる法(「名ばかり」でも憲法)

実質的意味の憲法=憲法としての中身が伴う法(「名ばかり」じゃダメ)

●「憲法としての中身」とは

固有の意味の憲法=国家の運営ルールを定めた法(統治の基本法)

立憲的意味の憲法=国民から国家への命令を定めた法(国家を縛る法)

「権力を憲法で縛って国民の人権を守ろう」という考え方を立憲主義と呼ぶよ。
この立憲主義は、抵抗権(国家の圧政に国民が抵抗する権利)に基づくんだ。

(´・ω・`)<憲法と法律ってどう違うの?

法律はおもに「国民が守るべきルール」だよ。
ボクたちが法律を守らないと、責任を問われることもあるんだ。

それにくらべて憲法は「国家が守るべきルール」だよ。
この場合、国家というのは「公務員など」のことで、国民ではないんだ。

引用元-日刊こどもニュース |憲法ってなに?法律とはどう違うの?

twitterの反応

 - 事故 法律

ページ
上部へ